前へ
次へ

歯を白くする審美歯科治療にいくつかある

歯は真っ白である印象があるかもしれませんが、実は黄色人種である日本人の歯は真っ白でないとされています。
他の人種にはかなり白い人種もありますが、その人種に比べるとやや黄色がかっているのが本来の歯の色になります。
街中を歩いていると異常に真っ白の歯の人を見かけるかもしれませんが、おそらく審美歯科の中の治療を受けてその状態になっているのでしょう。
歯を白くすると言っても真っ白にするものと通常の色に近くするものがあると言えます。
審美歯科において歯を白くする治療としてはホワイトニングが知られていて、こちらは薬剤を歯に浸透させて汚れを取っていく方法です。
本来の色を取り戻す治療になるので、日本人が本来持つ白さ以上にならないかもしれません。
ただし見た目としては非常によくなります。
一方日本人が持つ歯の白さ以上の白さを求めるならセラミック治療があります。
薄いセラミックを歯の表面に貼っていく方法で、真っ白いものを選べばかなり白くできるでしょう。

Page Top